トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ
◆TOP>> 震災遺産保全事業について
 
     
当館の震災遺産保全事業と「ふくしま震災遺産保全プロジェクト」について

 平成23年3月11日の東北地方太平洋沖地震とそれにともなう津波・原発事故は、福島県内に甚大な被害を及ぼしました。未だに多くの方々が震災前の生活に戻れず避難生活を余儀なくされ、また一方で復興や除染工事等により地域の景観は大きく変わろうとしています。

 福島県立博物館では平成26年度から28年度まで、県内の資料館や研究会と連携して「ふくしま震災遺産保全プロジェクト」を推進してきました。
 大震災を契機に起こった様々な出来事を歴史として共有し未来へ継承するため、震災を物語る資料を「震災遺産」と位置付けて、その保全や県内外での展覧会・シンポジウム等のアウトリーチ活動を行ってきました。

 平成
29年度からは県立博物館単独の事業として、引き続き「震災遺産」の保全や発信を行っています。活動の詳細は以下のパンフレットならびに報告書をご参照ください。(※クリックするとPDFファイルがダウンロードできます)

 また震災に関わる資料の情報がございましたら、福島県立博物館の震災遺産保全チームまでご連絡いただけますようご協力をお願いいたします。




震災遺産パンフレット
「ふくしま震災遺産保全プロジェクト」活動紹介パンフレット
 ( 4.76Mb、平成28年3月発行)



震災遺産活動報告
『ふくしま震災遺産保全プロジェクト これまでの活動報告』
4.88Mb、平成29年3月発行)

 

【お問い合わせ先】

福島県立博物館 学芸課(震災遺産保全チーム)

〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25
TEL:0242(28)6000 FAX:0242(28)5986
Email:general-museum@fcs.ed.jp

 

←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ