トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ
 ◆TOP >> 催し物 >> その他の共催事業、後援事業
 

 その他の共催事業、後援事業

<共催事業> 平成28年度 会津大学開講科目「ソフトウェアスタジオ」成果報告会
概 要

 会津大学では顧客の求めるソフトウェアの開発を通してソフトウェア工学に対する理解を深めるという目的から「ソフトウェアスタジオ」の授業を開講しています。
 今年度の授業では福島県立博物館の協力の下、博物館での課題を基にした「古地図活用アプリケーション」および「第一印象共有アプリケーション」の開発に取り組みました。今回はその成果報告会となります。

日 時 平成28年7月29日(金) 13:00〜15:20  申込不要、入場無料
場 所 福島県立博物館 講堂(事業概要説明、プレゼンテーション、総評、総括)
三の丸堀跡周辺 (デモンストレーション)
福島県立博物館 常設展総合展示室 B〜Dコーナー周辺 (デモンストレーション)
次 第

@13:00〜13:10 授業概要の説明
A13:15〜14:15 プレゼンテーション
 1) チームA 「古地図活用アプリ」について
 2) チームB 「第一印象共有アプリ」について
B14:15〜14:55 デモンストレーション
 1) 「古地図活用アプリ」 (三の丸堀跡周辺にて実演)
 2) 「第一印象共有アプリ」 (総合展示室内にて実演)
C14:55〜15:15 総 評
 1) 福島県立博物館学芸員(考古)  森 幸彦
 2) 福島県立博物館学芸員(歴史)  高橋 充
D15:15〜15:20 統 括
E15:20 閉 会

プロジェクト内容

@会津大学ソフトウェアスタジオ チームA 制作アプリ
「古地図活用アプリケーション ―歩いて学ぶ 江戸時代の会津鶴ヶ城―」

 博物館が所蔵する古地図を携帯端末で閲覧しながら町歩きを楽しむためのシステムです。昔と今を比較できるスポット機能、古地図をより深く理解できるクイズ機能、遊び心をくすぐるガチャ機能などで古地図の魅力を体感することができます。今回は、江戸時代に作成された「陸奥之内会津城絵図」(福島県指定重要文化財)をデータ化しました。

A会津大学ソフトウェアスタジオ チームB 制作アプリ
「第一印象共有アプリケーション」
 博物館の展示物を見た時の第一印象を、手持ちの携帯端末から入力して共有することができるシステムです。展示物を見た時の多様な感覚を無理なくかつ他人にも理解できる表現で記録できる印象入力機能、同様に記録された全ての人の第一印象を展示物ごとに見ることができる印象一覧機能などを通じて、展示物を「観る」ことの手助けと楽しみを広げます。一方、蓄積された印象情報を展示計画に生かすこともできます。

主 催 会津大学/福島県立博物館
お問合せ

会津大学 グローバル推進本部 国際戦略室
電 話: 0242-37-2677(川口)

<共催事業>
会津室内楽団「アンサンブル Coderanni (こでらんに)」 第10回演奏会
〜オペラのアリア名曲集&管楽器の魅力〜
出 演

会津室内楽団 「アンサンブル Coderanni (こでらんに)」 の皆さん
○出演予定
ソプラノ: 玉川あや子 / ソプラノ: 山田たまみ / バリトン: 根本 光一
バス: 弓田 秀一 / リコーダー: 彦坂 幸信 / オーボエ: 今井 優太(特別出演)
フルート: 皆川 譲 / ホルン: 金田奈津美 / クラリネット: 田代 恭一
ファゴット: 矢木 仁 / ヴァイオリン: 東 誠一(ヴィオラ) / ヴァイオリン: 田中 秀雄
ヴィオラ: 芳賀沼奈未 / チェロ: 峯岸 創 / チェンバロ: 鈴木 寿子(ピアノ)
楽曲解説: 五十嵐智洋

日 時

平成28年9月18日(日) 13:30〜15:00

場 所 福島県立博物館 講堂
曲 目

≪第1部≫オペラのアリア名曲集 (13:30開演)
歌劇「タイス」より: タイスの瞑想曲 (マスネ 曲)
歌劇「セルセ」より: ラルゴ (ヘンデル 曲)
歌劇「フィガロの結婚」より:
恋とはどんなものかしら/もう飛ぶまいぞこの蝶々/手紙の二重唱(以上モーツァルト 曲)
歌劇「ドン・ジョバンニ」より: ぶってよマゼット(モーツァルト 曲)

≪第2部≫管楽器の魅力T
リコーダーソナタ(マルチェッロ 曲)
フルートと管弦楽のためのアンダンテ(モーツァルト 曲)

≪第3部≫管楽器の魅力U
クラリネット協奏曲 イ長調 第2楽章 (モーツァルト 曲)
フルート四重奏曲 ハ長調 第1楽章 (モーツァルト 曲)
ホルン五重奏曲 変ホ長調 第2楽章 (モーツァルト 曲)
「こどもの情景」より:
トロイメライ〔ファゴット独奏〕
 (シューマン曲)
オーボエ協奏曲 ニ短調 (アルビノーニ 曲)

定 員 200名(先着順)
申込み方法 申込み不要
参加費 無料
内 容

 クラシックアンサンブル「Coderanni (こでらんに)」 の皆さんによるコンサートライブです。会津の音楽家・峯岸創さんの呼びかけで4年前に結成された「Coderanni (こでらんに)」。会津の方言で「こでらんに」とは、「こたえられない」「堪えられないほど良い」の意です。
日曜の午後のひととき、楽器の音色を聴きながら有意義な時間を過ごしてみませんか。

主 催

福島県立博物館 友の会

<共催事業> 県立博物館30周年記念イベント 博物館友の会映画祭
 「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」 & 「超高速!参勤交代」 (2本立て)
→  チラシ ( 632KB)
日 時

平成28年10月1日(土) 
(午前の部)「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」
開場: 10:00 / 上映開始: 10:30〜(上映時間: 97分)

(午後の部)「超高速!参勤交代」
開場:13:00 / 上映開始: 13:30〜(上映時間: 119分)

場 所 福島県立博物館 講堂
定 員 200名(先着順)
申込み方法 申込み不要
参加費 無料
主 催

福島県立博物館 友の会

<共催事業> 親子でやすらぐ子守歌コンサート

講 師 等 【第一部 トーク】 西舘好子(日本子守歌協会 理事長) × 赤坂憲雄(当館 館長)

【第二部 子守歌演奏】 稲村なおこ(歌手)/藤井秀亮(ギター)/逸見良造(ピアノ)
日 時 平成28年10月28日(金) 開場 13:30 / 開演 14:00 ※終演は15:30を予定
場 所 福島県立博物館 エントランスホール
参加費 無料
対 象 0歳児から参加可能です
申込み方法

エントランスホールでの演奏ですので、自由にご鑑賞いただけます。
ただし、乳児・幼児と一緒に鑑賞される方を優先に、イス席か畳の席(先着120名程度)を準備しております。

あらかじめお席を希望される方は、お名前・電話番号・郵便番号・ご住所・参加希望人数電話・メール・直接来館のいずれかの方法で当館までお知らせください。

申込開始日:平成28年9月28日(水)9:00〜

お電話の場合 : 0242-28-6000(代表)
メールの場合  : netmaster@general-museum.fks.ed.jp までお送りください。
     (※件名に「子守唄コンサート」とご記入をお願いします。)
直接来館の場合: 福島県立博物館受付カウンターでお申し込み下さい。

主 催 NPO法人日本子守唄協会 / 福島県立博物館


<後援事業> 会津史学会 平成28年度 歴史文化講演会
講 師 小松正学 氏 (日什上人研究家)
演 題

「会津が生んだ炎の名僧・日什大正師」

日 時 平成28年11月6日(日)13:30〜15:00 (開場は13:00)
場 所 講堂
申込み方法 申込不要
参加費 無料
内 容

〜700年前会津に生を受け 命を懸けて京都へ出奔し 顕本法華宗を開いた炎の男の物語〜

主 催 会津史学会
後 援 福島県立博物館


<後援事業> 女の半生〜廃村 湯の入に生きる〜

講 師

滝沢洋之氏 「大巣子・三星オキノさん」
長郷寅二氏 「川渓・鈴木トツ子さん」
吉田邦吉氏 「二幣地・三鈷テツ子さん」

日 時

平成28年11月20日(日) 13:30〜15:30

場 所 講堂
申込み方法 申込不要
参加費 無料
内 容

 だいじなことを語りたい。
 炭焼きを中心に自給自足の生活を送り、血と汗のにじむような人生を送っている、歴史的に名高い東山温泉のもっと奥、湯の入には、現代人が宝にすべきことがある。

※当日、先着100名様にテキストとして『会津の民俗』を差し上げます。

主 催 会津民俗研究会
後 援 福島民報社 / 福島県立博物館


<後援事業> 会津史談会 平成28年度 第6回公開文化史講座
講 師 塚本麻衣子 (当館 学芸員)
演 題

「三十三観音信仰のいま、むかし」

日 時 平成28年11月25日(金)13:30〜15:00
場 所 講堂
申込み方法 申込不要
参加費 無料
内 容

今年、会津三十三観音が日本遺産に認定されました。大変意義深い内容ですので是非、ご参加ください。

主 催 会津史談会(問い合わせ先: 研修部 文化史講座事務局 tel/fax0242(75)4038 )
後 援 福島県立博物館


<後援事業> 平成28年度 土木学会選奨土木遺産「磐越西線鉄道施設群」 認定授賞式・記念フォーラム
→  チラシ ( 290KB) /  ポスター ( 849KB)
概 要  JR磐越西線の鉄道施設群は、明治から大正初期の時代に急峻な山々や渓谷をトンネルや橋梁でつなぎ、日本初の架設工法の橋梁、米国製のトラス構造・ピン結合など特徴ある貴重な土木遺産です。
 一方、2011年3月11日の東日本大震災後の3月25日から、臨時石油列車が横浜の根岸から新潟を経由し磐越西線で郡山まで運行され、被災地に暖かさと安心を届けてくれました。
 震災後5年という節目を過ぎ、ライフラインの機能を再認識するため、磐越西線による臨時石油輸送の役割に関する情報・意見交換を地域住民と共に行ないます。また、地域資源としての楽しみ方も受発信します。
日 時 平成28年12月10日(土)13:00〜16:30
場 所 講堂
申込み方法 申込不要、先着200名
参加費 無料
内 容

13:00〜13:30 認定授賞式
13:40〜16:30 認定記念フォーラム

 @記念講演「磐越西線鉄道施設群の特徴と魅力」 鉄道総合技術研究所・小野田滋 氏
 Aパネル討論会「ライフラインとしての磐越西線、地域資源としての磐越西線」
  ・「磐越西線の地形と歴史」 当館 竹谷陽二郎・田中伸一
  ・「ライフラインの鉄道が走る」 会津鉄道株式会社 社長 大石直 氏
  ・「一ノ戸橋梁のライトアップとまちづくり」 喜多方市山都総合支所 橋本幸宏 氏
  ・「磐越西線の利活用」 日本大学工学部准教授 知野泰明 氏
 B総合討論
  ・さとさとみ さんによる磐越西線の歌の披露

主 催

公益社団法人土木学会東北支部 ( 問合せ: tel 022−222−8509 )

協 力 日本貨物鉄道株式会社東北支社
後 援 福島県立博物館


<共催事業> →  チラシ ( 1.56MB)
ポケモン映画無料上映会『ポケモン・ザ・ムービー XY&Z「ボルケニオンと機巧のマギアナ」』

日 時

平成29年2月26日(日) ※午前と午後の2回上映となります
受付(先着順): 11:00〜 / 1回目上映: 12:00〜 / 2回目上映:14:30〜

場 所 福島県立博物館 講堂
定 員 各回200名(先着順)
申込み方法 申込み不要
参加費 無料
主 催

ポケモン映画製作委員会「ピカチュウプロジェクト」

共 催

福島県立博物館

←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ