トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ
 ◆TOP >> 催し物 >> 実演
 

 実演

ハニワ大王の 講談「スーパー古事記」
講 師 学芸員 荒木隆
日 時

全8回 毎月第3日曜日
【午前の部】 11:00〜11:30 /  【午後の部】 13:30〜14:00
 第1回 平成29年 4月16日(日) 「国のはじまり」
 第2回 平成29年 5月21日(日) 「天の岩戸」
 第3回 平成29年 6月18日(日) 「ヤマタノオロチ」
 第4回 平成29年 7月16日(日) 「因幡の白うさぎ」
 第5回 平成29年 8月20日(日) 「スサノオとオオクニヌシ」
 第6回 平成29年 9月17日(日) 「神様の力比べ」
 第7回 平成29年10月15日(日) 「ウミサチとヤマサチ」
 第8回 平成29年11月19日(日) 「ヤマトタケル」

場 所 体験学習室
定 員
申込み方法 申込不要
参加費 無料
内 容

 「古事記」や「日本書記」という名前を聞いたことがありますか?
 教科書でも習ったこの二つの書物は、現在でもその内容がわかる日本最古の歴史書です。古代の日本人は、国のはじまりや発展してきた様子をどのようにとらえていたのでしょうか?それを解き明かすヒントがこれらの書物に隠されています。これらの書物に書かれている事は、必ずしも真実のことばかりではありませんが、古代の人々が世界や自然、国の成り立ちなどをどのように考えていたのかがよくわかるお話がたくさん書かれています。
 その中にはワクワクするお話、不思議なお話など、物語として読んでもおもしろいものがたくさん含まれています。
 今回は、数あるお話の中から、ハニワ大王が選りすぐりの8つのお話を講談調でお届けします。 さて、それぞれどんなお話でしょうか?それは、来てのお楽しみ!

その他 ※実技講座(体験)ではありません。 


大堀相馬焼の絵付け → チラシ 710KB)
講 師 大堀相馬焼 窯元 いかりや商店白河工房 山田慎一さん
日 時 平成29年6月18日(日)13:30〜15:00
場 所 エントランスホール
定 員
申込み方法 申込不要
参加費 無料
内 容  大堀相馬焼は、双葉郡浪江町大字大堀地区周辺で生産される焼物の総称です。江戸時代にはじまり350年の歴史を持つこの窯元は、昭和53年には国の伝統工芸品としての指定を受けました。さらに、平成22年1月には 「大堀相馬焼」が地域団体商標として商標登録されています。
 残念ながら原発事故によって窯元のみなさんも避難を余儀なくされ、 大堀地区での作陶ができなくなりました。しかし現在、大堀相馬焼協同組合は二本松市小沢工業団地に「陶芸の杜 おおほり 二本松工房」として再開。伝統の維持と継承、ふるさとと人々を繋ぐという期待を背負って活動されています。
 当日はその絵付け作業の様子を、皆さんにご覧いただきます。
その他 ※実技講座(体験)ではありません。 

←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ