トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ
 ◆TOP >> 催し物 >> 実技講座
 

 実技講座


須賀川の絵のぼり 小旗をつくろう!
講 師 伝統技術伝承者 大野青峯さん 大野久子さん
日 時 平成29年5月5日(金・祝)13:30〜15:00
場 所 体験学習室
定 員 10名
申込み方法 定員になり次第受付を終了します。当館受付カウンターまたは電話(0242-28-6000)でお申し込み下さい。
参加費 1,000円(材料費) *当日集金します。
内 容  端午の節句と言えば鯉のぼり。でも、福島県の中通り・浜通りでは武者や金太郎の勇ましい絵のぼりをあげます。絵のぼり製作は現在もいわき市・須賀川市で行われています。
 須賀川市在住の技術伝承者・大野青峯さん、久子さんに教えていただきながら、須賀川の絵のぼり「鍾馗(しょうき)さまの小旗」を作りましょう。
その他 小学校3年生以下のお子さんは、保護者同伴でご参加下さい。 


三島の編み組み細工 ヒロロの小物入れをつくろう!

講 師 伝統技術伝承者 渡部ユキ子さん 秦愛子さん
日 時 2日間の連続講座です。対象は高校生以上で、2日間とも受講できる方に限ります。
平成29年7月8日(土)13:00〜16:00
平成29年7月9日(日)9:30〜16:00
場 所 実習室
定 員 10名(※定員になり次第、受付を終了します。)
申込み方法 当館受付カウンターまたは電話(0242-28-6000)でお申し込み下さい。
参加費 4,000円(材料費) *当日集金します。
内 容

 福島県会津地方の山間、只見川沿いに位置する大沼郡三島町。 この地域の人びとは、古くから山野に自生する草木を採取し、これを巧みに加工したさまざまな生活の道具を作ってきました。モノを運ぶための背負いカゴや荷なわ、雨を防ぐためのミノなど、山仕事や農作業、生活に欠かせない道具の多くを、身近な素材と自らの手で作り出してきたのです。
 確かに今日、三島町でもこうした伝統的な道具を作り、そして用いることは少なくなりました。しかし、その素材の利用や加工の技術は、現代的ニーズにたえうるデザインや工夫が加えられ、「生活工芸」という新たなモノ作りのかたちで受け継がれているのです。
 今回の実技講座では、山野に自生する方言名ヒロロ(和名:ミヤマカンスゲ・オクノカンスゲ)などの植物繊維を縄に編んでつくる小物入れに挑戦です。
 さて、このヒロロという植物は、どんな場所に生えているのでしょうか?採取にもっともよい時期は、いつでしょうか?そして、どのような技によって一つの道具へと変身してゆくのでしょうか?博物館へ来てみて、たしかめてください。

 

←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ