トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ
 ◆TOP >> 催し物 >> 歴史講座
 

 歴史講座


はじめてさんの古文書講座@〜B(全3回)
講 師 歴史分野学芸員
日 時

平成29年6月17日(土)13:30〜15:00 講師: 阿部綾子  学芸員
平成29年7月15日(土)13:30〜15:00 講師: 高橋 充  学芸員

平成29年8月19日(土)13:30〜15:00 講師: 栗原 祐斗 学芸員

場 所 実習室
定 員 35名(先着順)
申込み方法

定員になり次第受付を終了します。 当館受付カウンターまたは電話(0242-28-6000)でお申し込み下さい。1ヶ月前の5月17日(水)から受付を開始します。【受付を終了しました】 

参加費 無料
内 容  「古文書を読んでみたいけど、 始め方が分からない・・・」そんなあなたにおススメな講座です! 辞書のひき方からレッスンするのでやさしく学べますよ。古文書が読めると歴史を学ぶ楽しさもワンランクアップします。
その他 受講条件: 3回ともご参加いただける方で、古文書初心者の方が対象です。
必要な物: 筆記用具(鉛筆、消しゴム)

史料でよむ戊辰戦争 第1回 (5回連続)
テーマ 会津藩雪辱の書 〜渋谷源蔵「雪冤一弁(せつえんいちべん)」をよむ〜
講 師 学芸員  阿部 綾子
日 時 平成29年9月16日(土)13:30〜15:00
場 所 講堂
定 員 なし
申込み方法 申込み不要
参加費 無料
内 容

 渋谷源蔵は日新館で学んだ会津藩士です。戊辰戦後は教育者として会津各地の小学校に奉職しました。戊辰前後の会津藩の立場を切々とつづった、晩年の著作を紹介します。

シリーズについて  来年、戊辰戦争から150年の節目をむかえるのを前に、残された様々な史料から戊辰戦争をよみとく講座を開催します。講座は当館歴史分野の学芸員が各1回担当し、それぞれの視点で史料を取り上げます。お申込は必要ありませんので、お気軽にご参加下さい。

史料でよむ戊辰戦争 第2回 (5回連続)
テーマ 戦場・会津の7日間 〜「酒井安右衛門覚書」をよむ〜
講 師 学芸員  高橋 充
日 時 平成29年10月21日(土)13:30〜15:00
場 所 講堂
定 員 なし
申込み方法 申込み不要
参加費 無料
内 容

 白虎隊士酒井峯治の父である安右衛門(軍事方取締役)という人物が、みずからの体験と記憶によって書いた史料を読みます。籠城戦のはじまりから、若松城下や飯寺・米塚・本郷方面を転戦する足跡をたどります。

シリーズについて  来年、戊辰戦争から150年の節目をむかえるのを前に、残された様々な史料から戊辰戦争をよみとく講座を開催します。講座は当館歴史分野の学芸員が各1回担当し、それぞれの視点で史料を取り上げます。お申込は必要ありませんので、お気軽にご参加下さい。

史料でよむ戊辰戦争 第3回 (5回連続)
テーマ 民政局とは何か? 〜簗田家文書「公用簿籍」をよむ〜
講 師 学芸員  田中 伸一
日 時 平成29年11月18日(土)13:30〜15:00
場 所 講堂
定 員 なし
申込み方法 申込み不要
参加費 無料
内 容

 戊辰戦争後の会津地方は明治新政府の直轄地となりました。簗田家文書「公用簿籍」などをもとに、旧来の町役人・村役人を利用して進められた民政局による統治を紹介します。

シリーズについて  来年、戊辰戦争から150年の節目をむかえるのを前に、残された様々な史料から戊辰戦争をよみとく講座を開催します。講座は当館歴史分野の学芸員が各1回担当し、それぞれの視点で史料を取り上げます。お申込は必要ありませんので、お気軽にご参加下さい。

史料でよむ戊辰戦争 第4回 (5回連続)
テーマ 県庁文書にみる戦後の会津 〜若松県「日誌」をよむ〜
講 師 学芸員  栗原 祐斗
日 時 平成29年12月16日(土)13:30〜15:00
場 所 講堂
定 員 なし
申込み方法 申込み不要
参加費 無料
内 容

 戊辰戦争後の会津地方は民政局の統治を経て、若松県の管轄となりました。戦後の混乱に対応した若松県の日誌を読みながら、当時の会津地方の様子を紹介します。

シリーズについて  来年、戊辰戦争から150年の節目をむかえるのを前に、残された様々な史料から戊辰戦争をよみとく講座を開催します。講座は当館歴史分野の学芸員が各1回担当し、それぞれの視点で史料を取り上げます。お申込は必要ありませんので、お気軽にご参加下さい。

史料でよむ戊辰戦争 第5回 (5回連続)
テーマ 新島八重の回顧談 〜「男装して会津城に入りたる当時の苦心」をよむ〜
講 師 学芸員 佐藤 洋一
日 時 平成30年1月20日(土)13:30〜15:00
場 所 講堂
定 員 なし
申込み方法 申込み不要
参加費 無料
内 容

 人気のあった女性向け雑誌『婦人世界』(明治42年)に掲載された新島八重の籠城戦の思い出を紹介します。

シリーズについて  来年、戊辰戦争から150年の節目をむかえるのを前に、残された様々な史料から戊辰戦争をよみとく講座を開催します。講座は当館歴史分野の学芸員が各1回担当し、それぞれの視点で史料を取り上げます。お申込は必要ありませんので、お気軽にご参加下さい。

 


←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ