トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ
 ◆TOP >> 催し物 >> 民俗講座
 
  

 民俗講座

おもしろ民俗学ゼミナール1 「どうして玄関では靴を脱ぐの? −住まいと暮らしの民俗入門−」
講 師 学芸員 内山大介
日 時 平成29年5月27日(土)13:30〜14:30
場 所 講堂
定 員 なし
申込み方法 申込み不要
参加費 無料
内 容

 私たちは玄関で当たり前のように靴を脱ぎますが、欧米では土足のまま家に入ります。日本と欧米の文化の違いとして良く知られたことですが、どうしてなのか考えたことはありますか?気候や風土の違い以上に、そこには日本の民俗文化が大きく影響しています。日本人が目に見えるもの見えないものの「ウチ」と「ソト」をどのように分け、どんな住まいをつくって暮らしてきたのか。「玄関で靴を脱ぐ」という何気ない行動から、日本文化を読み解きます。

シリーズについて

 昨年ご好評いただいた「おもしろ民俗学ゼミナール」を今年度も開講します。博物館の学芸員なかには考古学や歴史学とならんで民俗学を専門にする学芸員がいます。ところが民俗とか民俗学といわれても、なじみの薄い、みなさんの暮らしには関係のないものと思っていませんか。実は民俗学は、私たちが毎日当たり前にしている行動や、古くさい面倒なしきたりにも豊かな歴史があることを教えてくれる学問なのです。私たちの身の回りにある暮らしの中の素朴な疑問について、一緒に考えてみましょう。



おもしろ民俗学ゼミナール2 「昔はみんなお見合い結婚だったの? −家族と結婚の民俗入門−」
講 師 学芸員 大里正樹
日 時 平成29年7月1日(土)13:30〜14:30
場 所 講堂
定 員 なし
申込み方法 申込み不要
参加費 無料
内 容

 会津の各地でお年寄りに昔の結婚式のお話などを聞くと、結婚の思い出話としていまだに「アシイレ(足入れ)」という言葉が聞かれることがあります。
 今回の講座では婚姻のあり方の歴史的変化といった大きな問題から、会津周辺の婚姻儀礼など、比較的身近な地域の資料や聞き書きの情報も踏まえて、お話ししたいと思います。

シリーズについて

 昨年ご好評いただいた「おもしろ民俗学ゼミナール」を今年度も開講します。博物館の学芸員なかには考古学や歴史学とならんで民俗学を専門にする学芸員がいます。ところが民俗とか民俗学といわれても、なじみの薄い、みなさんの暮らしには関係のないものと思っていませんか。実は民俗学は、私たちが毎日当たり前にしている行動や、古くさい面倒なしきたりにも豊かな歴史があることを教えてくれる学問なのです。私たちの身の回りにある暮らしの中の素朴な疑問について、一緒に考えてみましょう。



おもしろ民俗学ゼミナール2 「なぜ七・五・三にお祝いをするの? −子供と成長祈願の民俗入門−」
講 師 学芸員 山口拡
日 時 平成29年11月4日(土)13:30〜14:30
場 所 講堂
定 員 なし
申込み方法 申込み不要
参加費 無料
シリーズについて

 昨年ご好評いただいた「おもしろ民俗学ゼミナール」を今年度も開講します。博物館の学芸員なかには考古学や歴史学とならんで民俗学を専門にする学芸員がいます。ところが民俗とか民俗学といわれても、なじみの薄い、みなさんの暮らしには関係のないものと思っていませんか。実は民俗学は、私たちが毎日当たり前にしている行動や、古くさい面倒なしきたりにも豊かな歴史があることを教えてくれる学問なのです。私たちの身の回りにある暮らしの中の素朴な疑問について、一緒に考えてみましょう。



おもしろ民俗学ゼミナール4 「大正月と小正月はどうちがうの? −暦と行事の民俗入門−」
講 師 学芸員 江川トヨ子
日 時 平成30年1月13日(土)13:30〜14:30
場 所 講堂
定 員 なし
申込み方法 申込み不要
参加費 無料
シリーズについて

 昨年ご好評いただいた「おもしろ民俗学ゼミナール」を今年度も開講します。博物館の学芸員なかには考古学や歴史学とならんで民俗学を専門にする学芸員がいます。ところが民俗とか民俗学といわれても、なじみの薄い、みなさんの暮らしには関係のないものと思っていませんか。実は民俗学は、私たちが毎日当たり前にしている行動や、古くさい面倒なしきたりにも豊かな歴史があることを教えてくれる学問なのです。私たちの身の回りにある暮らしの中の素朴な疑問について、一緒に考えてみましょう。

 

←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ