トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ
 ◆TOP >> 催し物 >> 考古学講座
 

 考古学講座

平成29年度 秋の企画展「発掘ふくしま4」関連事業 「パワーアップ サロン ド 考古学」

講 師 学芸員 荒木 隆
日 時

全8回 毎月第4土曜日 13:30〜15:00
 第1回 平成29年 4月22日(土) 「縄文時代の会津とふくしま」
 第2回 平成29年 5月27日(土) 「弥生時代の会津とふくしま」
 第3回 平成29年 6月24日(土) 「古墳時代の会津とふくしま」
 第4回 平成29年 7月22日(土) 「奈良・平安時代の会津とふくしま」
 第5回 平成29年 8月26日(土) 「奈良・平安時代の会津とふくしま2」
 第6回 平成29年 9月24日(日) 「江戸時代の会津とふくしま」
 第7回 平成29年10月28日(土) 「室町時代の会津とふくしま」
 第8回 平成29年11月25日(土) 「室町時代の会津とふくしま2」

場 所 福島県立博物館 レストラン
※第6回(9月24日)のみ、開催中の「会津まつり」会場(鶴ヶ城周辺)で実施予定です。
定 員 なし
申込方法

事前申し込み不要
※ 当日、開始時間までに当館レストランへお越しください。
※ 
オーダーの時に「サロン ド 考古学」の受講希望の旨、お申し付けください。

参加費 レストランでお好きなものをご注文ください。飲食代は各自負担となります。
内 容

 平成29年秋の企画展は、お待ちどうさま「発掘ふくしま4」(10/7〜11/26)の登場です。 最近の県内の発掘調査の成果の中から、特に興味深い内容のものを選りすぐって御紹介いたします。 これまで知られていなかった旧石器時代から江戸時代までのふくしまの新しい一面をお楽しみに!
 企画展に関連して、今年の「サロン ド 考古学」はパワーアップしてお届けします。今年度は、会津管内の考古学研究者の方々をお招きして、対談形式でふくしまや会津の原始・古代を考えていきたいと思います。
 各回とも、会津さらに福島県を代表する各時代の研究者をお招きします。さて、どんな方が登場するでしょうか?
 シークレットゲストだけでなく、ふくしまの原始・古代の新しく見えてきた姿にもご注目! 皆さんのご来場をお待ちしております。考古学版「徹子の部屋」をお楽しみに!

縄文土器をつくろう
講 師 学芸員 森 幸彦 ほか
日 時

平成29年8月5日(土)・6日(日)各10:00〜15:00(予定)
※作った土器は、10月15日(日)の「縄文土器の野焼き」で実際に焼き上げます。

場 所 実習室
定 員 30名 ※8月5日・6日の両日および土器焼き(10月15日)に参加可能な方に限ります。
申込み方法 1ヶ月前(7月5日)より募集を開始します。定員になり次第受付を終了します。
当館受付カウンターまたは電話・FAXでお申し込み下さい。
参加費 300円(粘土2s分の材料費および、10月15日の野焼き参加のための保険料)
※粘土は追加1sにつき110円プラス。
※初日(8月5日)に集金します。
内 容

 数千年前の実物の縄文土器を見ながら、縄文土器づくりをします。縄文人がどのように土器をつくっていたのかを考えながら作ってみましょう。
 土器づくりが初めての方も、経験者の方も、縄文人になった気持ちで、楽しんで土器づくりをしてみましょう。
 親子での参加もお待ちしています。

その他

小学生以下は保護者同伴でお願いします。

準 備

汚れてもいい服装またはエプロン

縄文土器の野焼き
講 師 学芸員 森 幸彦 ほか
日 時

平成29年10月15日(日) 10:00〜15:00(予定)
※雨天の時には10月21日(土)に延期します。

場 所 野外 会津若松市内こどもの森
定 員 30名
申込み方法 土器作り(8月5日・6日)の1ヶ月前より募集を開始します。定員になり次第受付を終了します。
当館受付カウンターまたは電話・FAXでお申し込み下さい。
参加費 -
内 容 土器づくりでつくった縄文土器を野焼きにします。ふるってご参加ください。
野焼きは細心の注意を払って行いますが作品が破損する場合もあることをご承知おきください。
その他 土器作り(8月5日・6日)にも参加可能な方に限ります。
小学生以下は保護者が同伴して下さい。

←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ