トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ
 ◆TOP >> 催し物 >> ミュージアムイベント
 

 ふくしま応援ミュージアムイベント

玄如節と日本の民謡 → チラシ 368KB)
出 演 玄如節顕彰会の皆さん
日 時

平成30年6月23日(土) 13:30〜15:00

場 所 福島県立博物館 エントランスホール
定 員 なし
申込方法 不要
参加費 無料
内 容

毎年恒例となりました、玄如節顕彰会の皆さんによる民謡イベントを今年も開催します。
玄如節は民謡 「会津磐梯山」の歌詞の元歌にもなっている会津の古い民謡です。
その唄い手はウタゲとも呼ばれ、即興で作った詩を掛け合いで唄う、民謡の古い形態をとどめたものです。

 

けんぱく映画会 「ハーメルン」 → チラシ 117KB)
日 時

平成30年7月16日(月・祝) 13:30上映開始 (13:00開場)

場 所 福島県立博物館 講堂
定 員 200名(先着順)
申込方法 申込み不要
参加費 無料
内 容

 博物館が1日だけの映画館に。今回は昭和村を舞台にした「ハーメルン」を上映! 昭和村の旧喰丸小学校、本宮市の本宮映画劇場、そしてなんと県博でも撮影が行われました。是非ご覧ください!

【Story】
 ある村の廃校に、その小学校の元校長が暮らしていた。校長先生は、もう使われることのないこの校舎を修繕しながら、「消えゆく我が舎」をいとおしむように静かに日々を送っていた。しかし、その校舎も解体されることが決まる。
 ある日、かつてこの小学校で学んだ男・野田が博物館の職員として、校舎に保管されていた遺跡出土品の整理にやって来る。野田には、誰にも明かしたことのない「小さな秘密」があった。

親子で探検!はくぶつかんのウラ側 → チラシ 329KB)
講 師 当館学芸員(館内誘導・展示解説)
日 時 平成30年8月14日(火)
【1回目】  11:00 〜 12:00 (当日の集合時間 10:45)
【2回目】  14:00 〜 15:00 (当日の集合時間 13:45)
場 所 福島県立博物館 展示室・バックヤード
※集合時間までに「実習室」にお集まりください。
募集人数 1回につき 親子10組(小学生向け)
※先着順、定員になり次第受付を終了します。
申込み方法 1ヶ月前(7月14日)より募集を開始します。
当館受付カウンターで直接お申し込みいただくか、または電話(0242-28-6000)でお申し込みください。
参加費 無料
内容

普段は入ることができない博物館の裏側を、当館学芸員がご案内します。
親子でふれあいながら文化財を守り伝える博物館のウラ側を体感していただくツアーです。
「関係者以外立ち入り禁止」の扉の向こう側には、わくわくどきどきがいっぱいです。
さあ、親子で探検に出発しよう!!

※ツアーの最後に博物館から参加者への「挑戦状」が出されます!

持ってくるもの 懐中電灯

第9回 市民会津磐梯山盆踊り → チラシ 1.24MB)
日 時

平成30年8月15日(水) 19:00〜20:30 
※18:30より、会場で踊りの講習も行われます。

場 所 福島県立博物館 前庭
定 員 なし
申込み方法 申込み不要
参加費 無料
内 容

 保存会のみなさんによる会津磐梯山盆踊りを昨年に引き続き今年も開催します。盆踊り本来の意義を見つめなおし、先祖の霊を供養しながら、あらためて追悼と感謝をもってお祈りする盆踊りにみなさんもぜひご参加ください。
18:30より踊りの練習会もありますので、踊りが初めてという方もお気軽にご参加下さい。当日ご来場の子どもたちには綿あめのプレゼントもありますよ。

※博物館は17:00で閉館していますが、無料駐車場とお手洗いはご利用いただけます。

助 成 公益財団法人会津若松文化振興財団 文化振興基金助成事業
主 催

会津磐梯山盆踊り保存会、福島県立博物館

後 援

会津若松市教育委員会、福島民報社、福島民友新聞社、会津民謡協会、玄如節顕彰会

夏休みナイトミュージアム → チラシ 553KB)
講 師 当館学芸員(館内誘導・展示解説)
日 時 平成30年8月18日(土) 17:30〜18:30(17:00より受付 エントランスホールに集合)
場 所 福島県立博物館 常設展示室
対 象 年齢制限はありませんが、小学生以下は保護者の同伴が必要です。
定 員 80名(先着順、定員になり次第受付を終了します)
申込み方法 1ヶ月前(7月18日)より募集を開始します。
当館受付カウンターで直接お申し込みいただくか、または電話(0242-28-6000)でお申し込みください。
参加費 無料
内容

真っ暗な展示室の中を学芸員の誘導でまわります。懐中電灯で照らしだされた展示物を学芸員が解説します。闇につつまれたフタバスズキリュウたちに会いに来ませんか。

持ってくるもの 懐中電灯

「Coderanni (こでらんに)」コンサート 〜戊辰150年に寄せる秋の詩〜
出 演

会津室内楽団 「アンサンブル Coderanni (こでらんに)」 の皆さん
○出演予定
吟詠:二瓶勝 / 箏:唐橋セツ子・塩谷洋治 / 十七弦:矢部律子 /
ソプラノ:玉川あや子・山田たまみ / バリトン:根本光一(太鼓) /
バス:弓田秀一 / ピアノ:遠山麗子 / リコーダー:彦坂幸信 /
フルート:皆川譲・小野香織 / ヴァイオリン:東誠一・田中秀雄・目黒裕那 /
ヴィオラ:和田意織 / チェロ:鈴木真澄 / 
チェロ:峯岸創(企画・構成・編曲) / コントラバス:星野勝彦
 / 
コメンテーター:鈴木ひろみ(幕末史を見直す会)
解説・進行:五十嵐智洋

日 時

平成30年9月17日(月・祝) 開場: 13:00 / 開演: 13:30〜

場 所 福島県立博物館 講堂
内容・曲目

≪第1部》 「戊辰150年に寄せて」
 ◆吟詠「白虎隊」

≪第2部》 「音楽教育の黎明」
 ◆故郷の空 スコットランド民謡
 ◆トレンディトーク「戊辰150年の再考」  他

≪第3部》 「秋の詩(うた)」

 ◆グリーンスリープス幻想曲 ヴォーンウィリアムス曲

定 員 200名(先着順)
申込み方法 申込み不要
参加費 無料
内 容  クラシックアンサンブル「Coderanni (こでらんに)」 の皆さんによるコンサートライブです。会津の音楽家・峯岸創さんの呼びかけで2011年7月に結成された「Coderanni (こでらんに)」。会津の方言で「こでらんに」とは、「こたえられない」「堪えられないほど良い」の意です。

←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ