トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ

◆TOP >>展示>>テーマ展>>けんぱくの宝2018―漆工芸名品選

 

けんぱくの宝2018―漆工芸名品選

「山水楼閣蒔絵飾皿」津田得民作
個人蔵(福島県立博物館寄託)

鷹の羽紋梅鉢紋散梅竹薔薇蒔絵化粧道具
南相馬市・同慶寺蔵(福島県立博物館寄託)

重要文化財「椿彫木彩漆笈」
福島県立博物館蔵

 福島県立博物館が収蔵する美術工芸品から、代表的な資料をご紹介している恒例のシリーズ「けんぱくの宝」展。博物館に収蔵される資料は、比較的耐久性の高い油彩画などとは異なり、紙・絹・漆といったデリケートな素材を用いるものが多く、長期間の展示は資料の状態を損なう恐れがあります。そのため期間限定とはなってしまいますが、年に一度テーマ展「けんぱくの宝」を開催し、博物館の宝をご覧いただく機会としてまいりました。
 今年度は、「漆工芸名品選」として、当館収蔵の漆工芸品の中から選りすぐりの優品をご覧いただきます。国の重要文化財に指定されている「椿彫木彩漆笈」(室町時代)には鎌倉彫の技法で椿の大樹が見事に表現されています。桃山時代から江戸時代にヨーロッパに運ばれていた輸出漆器や相馬藩主の相馬家の菩提寺・同慶寺所蔵の相馬家ゆかりの大名調度、幕末の会津藩主・松平容保所用の煙草盆、近代から現代にかけての会津の漆工芸作家たちの作品など、各時代の特徴を伝える多種多様な漆工芸品をお楽しみください。

 

開催概要
期  間 平成30年12月22日(土)〜平成31年2月3日(日)
会  場 常設展部門展示室 歴史・美術
観覧料

常設展料金でご覧になれます。
大人・大学生270円(210円)  ※( )内は20名以上の団体
高校生・小中学生 無料


 

←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ