トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ

◆TOP >>展示>>テーマ展>>祈りのふくしま〜収蔵仏教美術展〜

 

祈りのふくしま〜収蔵仏教美術展〜

大日如来坐像 平安時代
喜多方市・泉福寺蔵 県指定重要文化財

阿弥陀如来二十五菩薩来迎図 鎌倉時代
福島県立博物館蔵 国指定重要文化財

 福島の地に仏教が伝わり千年以上、人々はほとけに幾多の祈りをささげてきたことでしょう。豊かな実り、無病息災、苦しみからの救済、来世での安息・・・。様々な祈りを受けて、ほとけの姿も時に厳粛に、時に優美に、時に愛らしく、多様に表されてきました。
 今回のテーマ展では、福島県立博物館が収蔵する仏教美術の中から、各時代の特色をよく表す作例をご紹介し、形に込められた祈りを紐解くとともに、それらを守り伝えてきた人々の歴史についてもご紹介したいと思います。仏教美術には難しい約束事もありますが、その奥には豊かな信仰と想像力の世界が広がっています。それぞれのほとけの姿に向き合い、楽しんでいただければ幸いです。ぜひご覧ください。

 

開催概要
期  間 平成29年8月5日(土)〜9月18日(月・祝)
会  場 常設展部門展示室 歴史・美術
観覧料 常設展料金でご覧になれます。
大人・大学生270円(210円)  ※( )内は20名以上の団体
高校生・小中学生 無料

 

←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ