トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ

◆TOP >> 展示>>ポイント展 >>ジオパーク関連展覧会

 

ジオパーク関連展覧会

  「ボーリングコア」 
野口英世記念館 蔵 

「1888年磐梯山噴火の図」  館 蔵


 ジオパークとは地質や地形が中心的な見どころの大地の公園です。地質や地形だけではなく、大地の上に住む植物や動物、そしてそこで生活してきた人々の歴史や文化、さらにはおいしい食べ物や温泉など、大地の上のすべてのものをまるごと楽しむ場所であるのもジオパークの魅力です。
 2010年3月に磐梯山周辺の町村を中心に、磐梯山ジオパーク協議会が設立し、2011年9月に磐梯山地域が日本ジオパークに認定されました。現在世界ジオパークを目指して活動しています。
 地球上の約1割の火山のある日本にあって磐梯山は、山体崩壊・岩なだれを発生させる活動が繰り返し起こり、ふもとに多くの湖沼を誕生させたことが特徴的です。特に1888年(明治21)年の噴火は、世界で初めて山体崩壊と岩なだれに関する科学的な調査と記録がなされた点で高い価値を持っています。磐梯山は過去5万年前から現在まで2度の山体崩壊を起こしています。
 今回のポイント展では、「磐梯山ジオパーク」を「猪苗代湖と裏磐梯湖沼群の形成」に焦点を当てて、紹介します。 今回のポイント展を通して更に多くの方が、磐梯山ジオパークを訪ね、風光明媚で魅力的な自然を楽しみつつ、大地と人との共生の歴史を知るきっかけとなることを期待しています。

開催概要
期 間 平成30年4月28日(土)〜6月3日(日)
会 場 福島県立博物館 エントランスロビー
観覧料 無料でご覧になれます。

 

←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ