トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ

◆TOP >> 展示>>ポイント展 >>戊辰戦争ピックアップ2―磐城の戦い―

 

戊辰戦争ピックアップ2―磐城の戦い―
「磐城平之戦」
(『戊辰戦争図』より) 当館蔵
「磐城平の戦絵図」(部分)
個人蔵・当館寄託


 磐城の戦いとは、新政府軍の平潟上陸から相馬中村藩の降伏まで続いた、浜通りにおける一連の戦いの総称です。
 1868年(慶応4、明治元)6月16日、新政府軍の第一陣が平潟に上陸します。その後増援が到着すると、海岸道を進み泉藩を攻撃する部隊、本街道を進み湯長谷藩を攻撃する部隊、平潟を守備する部隊の3隊に分け、最後に磐城平城を攻撃するという作戦が決定されます。28日より進軍を開始した新政府軍は、泉館・湯長谷館・小名浜陣屋を攻略して北上し、7月13日早朝、磐城平城への総攻撃を開始します。沼の内から右翼隊、小名浜から中央隊、湯長谷から左翼隊と3方面から攻撃を仕掛けました。
 このポイント展では、磐城の戦いの中から、7月13日の磐城平城攻防戦を描いた絵図をご覧いただきます。

開催概要
期 間 平成30年4月28日(土)〜6月1日(金)
会 場 福島県立博物館 常設展総合展示室 近・現代
観覧料 常設展料金でご覧になれます。
大人・大学生270円(210円)  ※( )内は20名以上の団体
高校生・小中学生 無料

 

←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ