トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ

◆TOP >> 展示>>ポイント展 >>ドウってどう使うの? 魚とりの道具たち

 

ドウってどう使うの? 魚とりの道具たち

捕る魚や獲物の種類によって形や大きさのちがう「ドウ」

 
 ドウは、主に竹や木などの素材を使って組み編みしたカゴの一種で、魚やカニ・エビなどをとるための道具です。川や湖・沼、比較的浅い海などに仕掛けて一定の時間定置し、獲物が中に入るのを待ちます。その口には「アギ」「コシタ」などとよばれる「カエシ」がついていることが多く、一度中に入った魚が出られないような工夫がされています。ドウは水中にある間は生簀のような働きをするので、獲物を取り出すときはドウ自体を水中から引き上げることで、獲物を生け捕りにすることができます。狙う獲物や仕掛ける場所によって、様々な形や大きさのものがあります。
 福島県内ではドウという呼び名が多く使われますが、全国的には「筌(うけ)」という名で呼ばれます。『古事記』にも「筌を作りて魚を取る人あり」という記述があるほか、弥生時代の遺跡からも似たような道具が出土しており、古くからある道具であることがわかります。

開催概要
期 間 平成30年4月13日(金)〜6月20日(水)
会 場 福島県立博物館 常設展部門展示室 民俗
観覧料 常設展料金でご覧になれます。
大人・大学生270円(210円)  ※( )内は20名以上の団体
高校生・小中学生 無料

 

←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ