トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ

◆TOP >> 展示>>ポイント展 >>火をつかう昔の道具

 

火をつかう昔の道具
あんどん

炭火アイロン

おきごたつ

がんどう

 「人間は火を使う動物」とは古くから言われている言葉(ことば)です。火のもつ「熱(ねつ)」を利用(りよう)して、ものの形をかえたり、あたたまったり、明るくしたり、料理(りょうり)をつくったりすることができます。
 今回のポイント展(てん)は、それほど昔ではない電気やガスがなかったころの道具を紹介(しょうかい)します。 自然(しぜん)を上手に取り入れて生活をしていた時代。その時代の人々(ひとびと)によってつくられた「火をつかう昔の道具」を見て、昔の人たちの生活の様子(ようす)を想像(そうぞう)してみてください。



開催概要
期  間 平成29年11月24日(金)〜平成30年2月28日(水)
会  場 福島県立博物館 常設展 部門展示室(民俗)
観覧料 常設展料金でご覧になれます。
大人・大学生270円(210円)  ※( )内は20名以上の団体
高校生・小中学生 無料

 

 

 

←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ