トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ

◆TOP >>展示(企画展・特集展) 収蔵庫からこんにちは 福島県立博物館収蔵名品展

 

 

開館30周年記念特集展 収蔵庫からこんにちは―福島県立博物館収蔵名品展―

原山一号墳出土埴輪(泉崎村)

四穂田古墳出土短甲(中島村)

フタバクジラの発掘状況

伊達政宗書状

社殿から救出された絵馬(須賀川市)

若松鶴模様 吸物椀 四拾人前


 開館30周年を記念する秋の特集展は、県内各地から集められた博物館の収蔵品のなかで、学芸員による選りすぐりの逸品を一挙にご紹介する展覧会です。昭和61年の開館以来、博物館には膨大な数の資料が集められ、そして様々な調査研究活動が積み重ねられてきました。

 コーナー1「博物館を支えるしごと」ではその足あとを振り返ってみたいと思います。コーナー2「災害を乗り越える」では、甚大な被害をもたらした東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所事故を受け、博物館の使命として取り組んできた活動を多様な資料をもとにご紹介します。最後に「〈昭和・平成〉博物館ものがたり」ではこの30年という時代の歩みを、博物館の歩みと一緒に懐かしんでいただきます。

 今回は「伊達政宗書状」「四穂田古墳出土短甲(中島村)」の2点の資料が初公開となります。たくさんのお宝が収蔵庫を飛び出して、みなさまのご来館をお待ちしています。

※「四穂田古墳出土短甲」は、10月15日(土)〜30日(日)及び11月5日(土)〜27日(日)の期間限定公開となりますので、ご注意下さい。

【展示構成】
1 博物館を支えるしごと―調査研究30年の足あと
 はじめに…原山1号墳…あり! (考古分野)
 こわれた古墳時代の象嵌から見つけた作り方 (保存科学分野)
 手紙でひもとく福島の歴史 (歴史分野)
 自然部門展示事始め―フタバクジラがたどった歴史― (自然分野)
2 災害を乗り越える―祈りと記憶を未来へ
 救い出された絵馬と祈り (民俗分野)
 物言わぬ、物―たとえば「若松鶴模様 吸物椀 四拾人前」 (美術分野)
 震災の記憶をつなぐ
 被災文化財保全の取り組み
3 〈昭和・平成〉博物館ものがたり
 30年の世相と博物館のあゆみ
 展覧会いま・むかし
 博物館の顔─展示解説員制服コレクション

 

 開催概要
期 間

平成28年10月15日(土)〜11月27日(日)
会期中の休館日:
10月17日(月)・24日(月)・31日(月)
11月4日(金)・7日(月)・14日(月)・21日(月)・24日(木)

会 場 福島県立博物館 企画展示室
観覧料

常設展料金でご覧になれます。
大人・大学生270円(210円)  ※( )内は20名以上の団体
高校生・小中学生 無料

※文化の日の11月3日(木)は、どなた様も展示を無料でご覧いただけます。

主 催 福島県立博物館

 関連行事
学芸員リレー解説会(全3回)
 講 師

当館学芸員(※担当分野の学芸員がリレー方式で解説します。)

 日 時

各回とも13:30〜15:30 ※各回、下記の順番で担当分野ごとに20分程度の解説を行います。
平成28年10月16日(日)   担当分野/考古・保存・歴史・民俗・震災
平成28年11月3日(木・祝) 担当分野/自然・歴史・美術・震災
平成28年11月13日(日)   担当分野/考古・保存・自然・歴史・民俗・震災

 場 所 当館企画展示室
 
食のイベント「祝いの器・寿ぎの食」  ※要参加費・要申込
 日 時

平成28年10月21日(金) 14:30〜16:30

 講 師 中山晴奈氏(フードアーティスト)・平出美穂子氏(郷土料理研究家)
 場 所 当館レストラン
 参加費 500円(材料費)
 定 員 20名(先着順)
申し込み方法 お電話(0242-28-6000)か、当館受付カウンターでお申し込み下さい。
※小学生以下は保護者同伴でお申し込み下さい。
 協 力 食とものづくりスタジオFERMENT
 内 容  かつて、自宅でおこなわれていた婚礼で華やかな空間を生み出し、人々の日々の信仰の場で使われ、世代を渡って大事にされてきた漆器。しかし、社会の変化にともない、それらは震災前からすでに蔵の中でひっそりと眠っていました。そして東日本大震災を機に眠る場をも失うことになり、福島県立博物館にやってきたのです。
 食のイベント「祝いの器・寿ぎの食」では、福島県の郷土料理を長く研究されている平出美穂子さんと土地の食を新たな視点で紹介する活動をしているフードアーティストの中山晴奈さんを講師にお招きし、漆器が持つ祝祭性を参加者のみなさんに実感していただくとともに、日本食ならではの祝いの約束事を御紹介します。ぜひご参加ください。
 お問合せ 福島県立博物館(担当:美術分野 川延・小林・塚本) 電話:0242-28-6000
 

記念講演会「原山一号墳の発掘調査」

 講 師 辻 秀人 氏(東北学院大学教授)
 日 時 平成28年10月29日(土) 13:30〜15:00
 場 所 当館講堂
 その他 申し込み不要・無料です。
 

トークイベント「祝いのうつわ〜漆の力〜」

 講 師 鞍田 崇 氏(哲学者・明治大学准教授)/小林めぐみ(当館学芸員)
 日 時 平成28年11月26日(土) 13:30〜15:00
 場 所 当館企画展示室
 その他 展示室内での開催です。ご参加には常設展観覧料が必要となります。
 

解説会&トークイベント「絵馬からよみとく地域の歴史」

 講 師 「須賀川知る古(しるこ)会」の皆さん/内山大介(当館学芸員)
 日 時 平成28年11月27日(日) 13:30〜15:00
 場 所 当館企画展示室
 その他 展示室内での開催です。ご参加には常設展観覧料が必要となります。


←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ