トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ
 ◆TOP >> 展示>>常設展>>自然
 
 

 
常設展
年代別等の総合展示室と部門別展示室に分かれています。

 自然

[展示テーマ]
1 基盤形成の時代
2 海の時代
3 山脈形成の時代
4 段丘形成の時代
自然の展示室

1 基盤形成の時代 フタバスズキリュウ
フタバスズキリュウ 中生代白亜紀の化石で、いわき市大久町で昭和43年に発見されました。日本で見つかったクビナガリュウのうち、唯一の全身骨格化石です。
原標本は国立科学博物館に収蔵されています。

2 海の時代
 イワキゾウ下顎骨(ステゴロフォドンゾウ)
イワキゾウ下顎骨(ステゴロフォドンゾウ) いわき市平の1700万年前の地層から見つかりました。小型のゾウで、下あごにもキバがあることが大きな特徴です。
 漣痕(れんこん)
漣痕(れんこん) 約700万年前の海底にできた波の跡で、飯坂町穴原の天王寺層から見つかりました。

3 山脈形成の時代 貝化石密集砂岩
貝化石密集砂岩 約300万年前のもので、広野町で産出しました。死んだ貝の殻が、浅い海底の窪地に運ばれて堆積したと考えられます。

4 段丘形成の時代 ナウマンゾウのキバ(複製)
ナウマンゾウのキバ(複製) この時代は氷河時代とも呼ばれ、氷期と間氷期(かんぴょうき)がくり返し訪れました。海岸や各地の河川沿いには段丘が形成されました。
写真は、この時代に生息していたナウマンゾウのキバの化石です。福島県内からは、ナウマンゾウの臼歯の化石が見つかっています。

 

←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ