トップページへ 展示の案内へ 催し物の案内へ 収蔵資料の案内へ 展示カレンダーへ ご利用案内へ
 ◆TOP >> 展示>>常設展>>原始
 
 

原始
古代
中世
近世
近・現代
自然と人間
民俗
自然
考古
その他の施設
 
常設展
年代別等の総合展示室と部門別展示室に分かれています。

 原始(旧石器時代〜弥生時代)

[展示テーマ]
1 福島県最古の人間
2 氷河時代の生活
3 最終氷期後半の環境
4 環境の変化と生業
5 縄文のムラ
6 縄文人
7 信仰と墓地
8 稲作の開始
9 再葬の墓
原始の展示室

1 福島県最古の人間 平林遺跡出土の石器
平林遺跡出土の石器 人類は猿人、原人、旧人、新人と進化したとされています。新人は我々現代人と直接につながる先祖と考えられています。 現在のところ、福島県で最古の遺跡は桑折町平林遺跡と考えられています。流紋岩を主な石材として、楔形石器(くさびがたせっき・クサビとして用いる道具)、スクレイパー(物を掻き取る道具)などの石器が出土しています。今から約30,000年前の遺跡とされています。

2 氷河時代の生活 塩坪遺跡の礫群
塩坪遺跡の礫群 旧石器時代の人々は大形動物の狩りを中心とする生活を行なっていたと考えられています。移動する動物を追いかけるため、かなり頻繁な移動生活を送っていたとされています。 ナイフ形石器、彫刻刀形石器など独特な石器が製作され、土器はまだありませんでした。 喜多方市塩坪遺跡からは川原石がまとまった礫群(れきぐん)が発見されています。これは石を熱し、食物を蒸し焼きにする施設と考えられます。

ページの先頭へ↑

3 最終氷期後半の環境 針葉樹林(北海道日高峠)
針葉樹林(北海道日高峠) 旧石器時代は寒い時期(氷期)と暖かい時期(間氷期)が繰り返す時代でした。約2万年前の寒い時期には、平均気温が今より5〜7度低く、海水面も今より100mから140m低かったとされています。気温が低いため、低地でも針葉樹が生えており、ナウマン象やオオツノジカなど現在では絶滅してしまった大形の動物が狩りの対象となっていました。火山活動も活発で、約24,000年前に爆発した姶良カルデラから噴出した火山灰が福島県下でも確認されています。

ページの先頭へ↑

4 環境の変化と生業 貝塚の断面
貝塚の断面 いわき市大畑貝塚(おおはたかいづか)を発掘した際に、貝塚の断面に接着剤をつけてまるごとはがし取ってきたものです。縄文時代後期初頭(今から3,800年前)のグルメな食生活がぎっちり詰まっています。アサリやサザエなどが主体ですが、貝の間にはタイなどの魚やシカの骨なども見られます。

ページの先頭へ↑

5 縄文のムラ 竪穴住居復元
竪穴住居復元 縄文時代中期中頃→後半頃(今から約4700→4,200年前)の住居を復元したものです。二本松市塩沢上原(しおざわうわはら)A遺跡の発掘調査のデータを基にして復元しました。住居の中央には「複式炉」(ふくしきろ)と呼ばれる大形の謎の炉が設置されています。

ページの先頭へ↑

6 縄文人 三貫地貝塚人骨と復顔
三貫地貝塚人骨と復顔 新地町三貫地貝塚(さんがんじかいづか)出土の人骨をもとに頭部に肉付けをしたものです。縄文時代後期〜晩期(今から3,000年前頃)に生きた20歳代の女性です。がっちりした体格が多い縄文人の中では比較的華奢(きゃしゃ)なタイプで、現代にあられても美人と賞されるでしょう。

ページの先頭へ↑

7 信仰と墓地
 三貫地貝塚に葬られた男性
 やじりが刺さった男性の腰の骨(複製)
a.三貫地貝塚に葬られた男性 新地町三貫地貝塚(さんがんじかいづか)では昭和27年と29年の発掘調査によって100体以上の縄文人骨が出土しました。屈葬(くっそう)の形で葬られた22号人骨は30代後半くらいの成人男性です。この縄文人の腰の骨には石の矢尻(やじり)が深く刺さっていました。事故?争い?殺人?・・・さまざまな憶測を呼ぶ人骨です。
b.やじりが刺さった男性の腰の骨(複製)  

ページの先頭へ↑

8 稲作の開始 弥生時代の稲刈り情景復元
弥生時代の稲刈り情景復元 弥生時代に石庖丁(いしぼうちょう)を使って稲穂を摘んでいる様子を復元しています。面長な顔の女性で貫頭衣(かんとうい)を着ています。

 

 

←前のページに戻るページの先頭へ↑

福島県立博物館リンク・バナー Copyright(C)Fukushima Museum,
All rights reserved.
ご意見/ご感想よくある質問著作権/リンク/免責事項サイトマップ